Works

Kitchen dining T

Outline代々紡いだ想いが詰まった景色を望むワクワク空間

代々味噌麹を作ってらっしゃる大きなお家にお邪魔したのは春の事でした。目に飛び込んでくる世界は、まるで映画のセットのように、いや本物だからそれ以上に、自然と心が躍る素敵な空間でした。
ずっと住んでおられるT様からすると、私のこの感動が不思議だったようです。まずはじめにお伝えしたのが、この世界観は絶対に残して活かしましょうね!
長年の増改築の中で、今のキッチンは暗くて動線が悪く、なんだか楽しくない場所になってしまっているとのこと。目の先には今は使っていないブロック造の元プロパンガス倉庫がありました。
さ~大改装。最新の造作キッチンと光あふれる空間、そして代々紡いだ技と想いが詰まった景色を望む、ここにしかないワクワク空間です。
錆びてしまったトラス梁のデザインを活かした照明器具。
窓の向こうに広がる歴史感じる手触り感と、モダンなキッチンをつなぐ造作木製建具とタイルテラス。
この古さも新しさも感じる色と、絶妙に不正確な正方形のタイルを見つけた時の感動が、写真から伝わりますように。

<名前>
Kitchen dining T
<所在地>
兵庫県加西市
<間取り>
約25㎡
<築年数>
1960年
<工事費>
1000万~1500万
<竣工年>
2020年リノベ―ション
<カテゴリ>
ReformRenovation
  • 工事風景
  • イメージスケッチ
  • 隣接する味噌麹工房
  • Before
  • Before
  • Before